一発目から1Gbps超え! Redmi Note 9Tを持って5G探しへ

携帯基地局・電波

先日公開したRedmi Note 9Tのクイックレビューに続き、この端末の注目ポイントでもある「5G対応」を検証しに確認してきました。

SoftBank版はn77のみ対応

今回検証するにあたってY!mobile回線を使用しています。SoftBank本家での検証ではないですが、予めご了承ください。補足をしておくと、つい先日からY!mobile契約でもSoftBankの5Gを使えるようになりました。

“ワイモバイル”、5Gサービスを提供開始 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2020/20201222_01/

“ワイモバイル”、「シンプルS/M/L」の内容を改定し、2月18日に提供開始 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2021/20210201_03/

また、My Y!mobileより契約中の回線が5G対応しているか確認できるようになっています。「5Gサービスがご利用可能です」と表示されていれば使えるようです。

5G通信時の理論値はDL1.9Gbps、UL110Mbps

SoftBank公式ページを確認すると、Redmi Note 9Tでの通信は5Gの場合下り1.9Gbps、上り110Mbpsと記載されています。4Gの場合は下り722Mbps、上り46Mbpsだそうです。

検証①:某家電量販店内の屋内局

ダウンロードの使用されたデータが1,777MB…。恐ろしい。

このスクリーンショットの通り、いきなり1Gbpsを超えてきたので驚きました。やはり屋内だと他からの干渉も少なく速度も出やすいんでしょうかね。ちなみにこのときはBand 3を掴んでいたので、恐らく「DC_3_n77」になっているのだと思われます。(合っているかな?)

検証②:千代田区の某所

今度は先ほどよりも速度が出なかったものの、確認しそびれていたCellular-ProというアプリでNR Bandも確認したところ、しっかりとn77であることがわかりました。(もっともSoftBank版Redmi Note 9Tはn77しかサポートしていません)今度はBand 1との接続なので、DC_1_n77ということでしょうか。


おまけ

一瞬で残データが消えましたとさ…。おしまい。